【本土最南端のウイスキー蒸溜所「マルス津貫蒸溜所」】
鹿児島県南さつま市加世田「津貫」にある本土最南端のウイスキー蒸溜所「マルス津貫蒸溜所」。 温暖な気候と良質な水資源(蔵多山湧水)に恵まれる津貫は、本坊酒造発祥の地 

 

薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、この土地の水と気候風土を知り抜き、酒造りの伝統を今に伝える津貫の地で、ウイスキー造りに取り組んでいます。



【日本有数の歴史を持つ国産ウイスキー「マルスウイスキー」】

日本で蒸留された初めてのジャパニーズウイスキーは昭和4年(1929)に誕生しました。

 

その20年後、戦後間もない昭和24年(1949)にマルスウイスキーの歴史は始まります。

高度経済成長期の昭和30年~40年代には、仕事帰りに立ち寄って気軽にウイスキーを飲めるスタンドバーが流行するなど、日本でもウイスキーが定着しはじめ、やがて日本各地で独自のウイスキー造りをはじめるという「地ウイスキー」ブームが起こります。

 

製造規模が小さく、少量ながらも地道に個性豊かな地ウイスキー造りに努め、大手メーカーに負けず劣らないウイスキーをめざし、80年代の地ウイスキーブームの火付け役とも言われました。


 

【マルス エクストラ】
マルスの一升瓶ウイスキー 地ウイスキーの西の雄と呼ばれたマルスのロングセラー。
独自のブレンドで一世を風靡した時代も懐かしく、ノスタルジックな趣さえ漂わせる一升瓶に入ったウイスキー。

 とり魂ではそんな「マルス エクストラ」を使った
「ハイボール」「薩摩東郷ハイボール」等として提供しております。